Counter

このページに直接おこしになった方は、ぜひトップページから他のページにもアクセスして下さい。



♀を待つタイワンヒメシジミ♂
タイワンヒメシジミ(♂)
2015年3月15日
沖縄県竹富町南風見
初めて西表島にやってきました。
西表島での目的のチョウは何種類かいますが、その一つがこのタイワンヒメシジミです。
これはどうやら♀が来るのを待っている♂のようです。


風が強く肌寒い中で日光浴をする♀
タイワンヒメシジミ(♀)
2015年3月15日
沖縄県竹富町南風見
風が強く肌寒い中で日光浴をする♀です。
非常に小さい上に色もこのとおり目立たないので、地面近くをチラチラ飛ぶ姿もチョット瞬きする間に見失ってしまうこともしばしばです。


休息をする♀
タイワンヒメシジミ(♀)
2015年3月15日
沖縄県竹富町南風見
チラチラ飛ぶのをあとを追いかけ、やっと止まったものを這いつくばるようにして撮影です。
飛び疲れて休息に入った♀です。


花に吸蜜に来た♂
タイワンヒメシジミ(♂)
2015年3月15日
沖縄県竹富町南風見
食草のタヌキノコマツナギの花に吸蜜に来た♂です。
この個体もしばらく後を追いかけてきました。と言っても相手は非常に小さいので、こちらは見失わなければ歩いて追いかけられますが。


花に吸蜜に来た個体
タイワンヒメシジミ(♂♀不明)
2015年3月15日
沖縄県竹富町南風見
食草のタヌキノコマツナギ(マメ科)と、その花に吸蜜に来た個体です(♂♀不明)。
タヌキノコマツナギは地面に這うように広がる植物で、畑の縁やさとうきび畑の中などに生えていますが、聞いたところによると、毎年必ず同じ場所に繁茂するとは限らないとのこと。
多分、畑の野菜やサトウキビのために周囲の雑草と一緒に苅られてしまうことが多いのでしょうね。そのため、この地域でも毎年微妙に発生場所が変わるんだそうです。