テングチョウ科

Counter

このページに直接おこしになった方は、ぜひトップページから他のページにもアクセスして下さい。 テングチョウ科の蝶の標本です。
テングチョウ科の蝶の種類数は全世界でもそれほど多くはありませんが、日本ではこのテングチョウ1種類だけです。
画像をクリックすると拡大画像が見られます。
戻りボタンはないのでブラウザの機能で戻ってきてね。


テングチョウ

上にも書きましたが、このテングチョウ科に属する蝶は、日本では本種1種類のみです。
北海道から琉球まで生息しますが、北海道と沖縄以南では少ないようです。
ニレ科のエノキの仲間を食べます。
写真上は♂の表面、下は♀の裏面です。
♂♀の違いは、前翅の中央に大きな五角形っぽい橙色紋がありますが、♀ではその下にさらに小さな紋が出ますが、♂にはその紋がありません。
名前は「天狗蝶」ですが、頭部に突き出ている器官があり、これを天狗の鼻に例えたものです。この器官はパルピと言って、管のような口を左右から挟んでいる器官です。