Counter

このページに直接おこしになった方は、ぜひトップページから他のページにもアクセスして下さい。



ダイミョウセセリ
2007年5月12日
神奈川県藤沢市川名新林公園
キク科のハルジョオンに吸蜜に来たダイミョウセセリを立体写真で撮ってみました。交差法でご覧ください。
風が吹いていたのでちょっと花びらが動いているところがありますが、まぁあまり気にせずに。


ダイミョウセセリ
26-May-2002
愛知県豊田市篠原町
漢字で書くと「大名セセリ」です。なぜ「大名」かというと、学名の属名がDaimioだからですが、どこかの外国人が日本のものだからとふざけて付けたとしか思えません。
この地域から東側は上の写真のような模様ですが、ここより西側にいるものは関西型といって後翅にも前翅の白紋に繋がるような白紋が出るようになります。


ダイミョウセセリ
2006年6月17日
神奈川県藤沢市川名新林公園
セセリチョウ科の蝶はほとんどの種類が羽根を立てて止まるか、または半開きにして日向ぼっこなどをしますが、このダイミョウセセリは必ずと言っていい程羽根を開いて止まります。
これは♀でかなり羽根が擦れて飛び古した感じですが、まだまだ腹部には卵をたくさん持っているようです。


ダイミョウセセリ幼虫の巣
2004年9月19日
東京都三鷹市井の頭公園
井の頭公園のジブリの森美術館に行くため入館開始を待っていると、すぐ横の植え込みにヤマイモが生えていて、よく見るとダイミョウセセリの幼虫の巣がありました。


ダイミョウセセリの卵(孵化殻)
2004年9月19日
東京都三鷹市井の頭公園
ダイミョウセセリの♀は産卵時に自分の腹部の毛を卵に付けてカモフラージュする習性があります。
幼虫の周りのヤマイモの葉にはこの孵化殻がたくさんありました。


ダイミョウセセリ終令幼虫
2004年9月19日
東京都三鷹市井の頭公園
巣の中を隙間から覗いて見ると終令幼虫が見えました。