Counter

このページに直接おこしになった方は、ぜひトップページから他のページにもアクセスして下さい。


アブラナで休憩中のモンシロチョウ
モンシロチョウ(♀)(3D[交差法])
2007年4月8日
愛知県豊田市大畑町
川沿いのアブラナでそよ風に揺られながら休憩中(口吻を伸ばしていませんでした)のモンシロチョウです。
交差法の3D写真にしてみました。暖かそうな春の風景をつかんでいただけたら。


タンポポで吸蜜中のモンシロチョウ♀
モンシロチョウ(♀)
2006年6月17日
神奈川県藤沢市川名新林公園
この日はモンシロチョウとスジグロシロチョウが入り乱れてそこら中を飛び回っていました。
畑でもないのにこんなに白い蝶が飛び回っているのを見たのは珍しいくらいです。


モンシロチョウの♀
モンシロチョウ(♀)
2006年6月17日
神奈川県藤沢市川名新林公園
上と同じ個体です。
よく吸蜜していたのはやはりタンポポです。
食草になる野生のクレソン(オランダガラシ)の花でも吸蜜していました。


モンシロチョウの卵
モンシロチョウ(卵)
2006年6月17日
神奈川県藤沢市川名新林公園
モンシロチョウは栽培種を基本として多くのアブラナ科植物を食べますが、公園の中なので栽培のアブラナ科植物はありません。(野生化したクレソンはたくさんありましたが)
そのため、公園内のアブラナ科植物というアブラナ科植物には全てと言っていいくらい卵が産んでありました。
クレソンを始めとして、公園内のアブラナ科植物ではモンシロチョウとスジグロシロチョウの卵が産んでない葉を見つけるのが難しいくらいでした。
これはグンバイナズナの葉裏に産卵された卵(オレンジ色のもの)で、葉表にある白いのはスジグロシロチョウの卵でした。


モンシロチョウの1令幼虫
モンシロチョウ(1令幼虫)
2006年6月17日
神奈川県藤沢市川名新林公園
同じく別株のグンバイナズナの葉裏にいた1令幼虫です。