Counter

このページに直接おこしになった方は、ぜひトップページから他のページにもアクセスして下さい。



ツマムラサキマダラ(♀)3D写真
2007年2月25日
東京都多摩動物公園
ハマイヌビワの葉上で休憩中の♀を3D写真で撮ってみました。交差法でご覧ください。


ツマムラサキマダラ(♂)
24-Apr.-2004
東京都多摩動物公園
色素から出る色ではなく、鱗粉の構造色から作られる光の干渉で、輝くような紫色が出ます。見る方向によって微妙に色の輝きが異なります。オスもメスも同様に輝きますが、オスのほうがより強く輝きます。


ツマムラサキマダラ(♀)
24-Apr.-2004
東京都多摩動物公園
幼虫の食樹に毒素が含まれており、成虫になっても体内にその毒素を蓄積しています。そのため鳥に食べられることが少なく、オスもメスも他の多くの蝶や蛾の擬態のモデルになっています。


ツマムラサキマダラ(♂)
24-Apr.-2004
東京都多摩動物公園
この日、朝から午後2時頃まで温室の中で写真を撮っていましたが、その間このオスはずーっとここに止まっていました。


ツマムラサキマダラ(♀)
24-Apr.-2004
東京都多摩動物公園
メスには後翅の表裏両面に白く細い線状の模様があるので、雌雄はすぐ区別できます。


ツマムラサキマダラ(交尾中)
2007年2月25日
東京都多摩動物公園
交尾中のツマムラサキマダラのカップル。向こう側向かって左が♂、右のこっち側が♀です。


ツマムラサキマダラ(♀)
2007年2月25日
東京都多摩動物公園
日向ぼっこ中の♀です。♂ほどの輝きはありませんがそれでも充分ムラサキが輝いてきれいです。


ツマムラサキマダラ(吸蜜中の♂のアップ)
2007年2月25日
東京都多摩動物公園
ランタナの花で吸蜜中の♂の前半身をアップで撮ってみました。


ツマムラサキマダラ(卵)
2007年2月25日
東京都多摩動物公園
ツマムラサキマダラの卵です。
産卵してある植物は、皆さん観葉植物としてよくご存じのベンジャミンです。
ベンジャミンはクワ科、イチジク属の植物で、育てていると条件がよければイチジクを小さくしたような実がなります。
ツマムラサキマダラはやはり街路樹として有名なキョウチクトウも食べます。


ツマムラサキマダラ(前蛹)
2007年2月25日
東京都多摩動物公園
園内で前蛹も見つけました。一般の観覧者はこんなもの探したりしないでしょうが、私にとっては園内で飛んでいる蝶の撮影も楽しいですが、こういう隠れたところにいるものを探すのが非常に楽しいです。


ツマムラサキマダラ(蛹背面)
2007年2月25日
東京都多摩動物公園
オオゴマダラの蛹が金色として有名ですが、あれはどちらかと言うと輝いた黄色で、金色ではありません。
しかし、このツマムラサキマダラの蛹は本当にまるで銀メッキです。


ツマムラサキマダラ(蛹側面)
2007年2月25日
東京都多摩動物公園
羽根の部分の銀メッキの様な部分に、私の隣に前かがみで立っているひとが写っているのが分かりますか?