マダラチョウ科

Counter

このページに直接おこしになった方は、ぜひトップページから他のページにもアクセスして下さい。 マダラチョウ科の蝶の標本です。
マダラチョウ科の蝶は全て体内に毒を持っているため、一度食べた鳥は食中毒症状を起こして二度と食べなくなるそうです。そのためほとんどのマダラチョウ科の蝶が他の蝶や蛾の何らかの擬態のモデルになっているようです。
各々の画像をクリックすると拡大画像が見られます。
戻りボタンはないのでブラウザの機能で戻ってきてね。


アサギマダラ
マダラチョウ科の蝶は幼虫時代に食べるものは異なっていても、みんな体内に毒を持っています。
ガガイモ科のキジョラン、イケマなどを食べます。秋に発生した成虫が、南方に向けて渡りをすることで有名ですね。愛知県のある渡りの中継地点で見た時は、上も横も下も周り中アサギマダラだらけで、まるで天国にいるようでした。
上が♀、下が♂で、オスには後翅の一番下に焦げ茶のシミのような模様が出ますので区別できます。

リュウキュウアサギマダラ
その名のとおり、琉球地方や奄美大島などの南方にいます。
ガガイモ科のツルモウリンカなどを食べます。

オオゴマダラ
沖縄本島以南に生息し、キョウチクトウ科のホウライカガミを食べます。体の細さの割に羽の面積が大きいため、飛んでいる姿は破れて飛んでいく新聞紙のようです。

カバマダラ
上は表面、下は裏面です。
ガガイモ科のトウワタを食べます。世界中でもかなり広範囲に生息するため、その土地土地で擬態のモデルになっています。日本ではツマグロヒョウモンの♀メスアカムラサキの♀など。

スジグロカバマダラ
宮古島以南に生息し、ガガイモ科のリュウキュウガシワを食べます。

ツマムラサキマダラ
上がメス、下がオスです。
クワ科のガジュマルなどを食べます。
この蝶はオスとメスで模様が異なるため、オスとメスで別々に擬態のモデルになっています。