タテハチョウ科

Counter

このページに直接おこしになった方は、ぜひトップページから他のページにもアクセスして下さい。 タテハチョウ科の蝶の標本です。タテハの意味は「立て羽」で羽を立てて止まるという習性を表していますが、実際にはタテハチョウ科の蝶は羽を開いて止まるものも多いようです。
アゲハチョウ科の「揚羽」とどう違うんだと言いたくなります。
各々の画像をクリックすると拡大画像が見られます。(一部、拡大しても大きさの変わらないものはリンクがありません)
戻りボタンはないのでブラウザの機能で戻ってきてね。


イチモンジチョウ
北海道から九州まで生息し、スイカズラ科の多くの植物を食べます。
となりのアサマイチモンジにそっくりですが、明らかな違いがあります。
写真は♂です。
名前は「一文字模様の蝶」の意味です。

アサマイチモンジ
イチモンジチョウがユーラシア大陸の北部に広く分布するのに対して、本種は日本のそれも本州のみの特産種です。
スイカズラ科のスカズラなどを食べます。
写真は♂です。
名前は「浅間山産の一文字模様の蝶」の意味です。

オオイチモンジ
北海道の山地と本州の関東から中部の1000m以上の高地帯に住んでいます。
確実に見たい人は中部山岳国立公園の上高地などがお勧めです。
ドロノキ、ヤマナラシなどのヤナギ科の植物を食べます。
写真は♂で、上は表、下は裏です。
名前は「大きい一文字模様の蝶」の意味です。

フタスジチョウ
北海道の全域と本州の岐阜県飛騨地方以東の限られた地域に住んでいます。長野県下では比較的広く見られます。シモツケ科の植物を食べます。飼育では家庭にもよくあるユキヤナギやコデマリで飼育できます。
リンク先の写真の上は本州産の♂で、中央は北海道産の♂、下は本州産の♂の裏です。
名前は「二筋模様の蝶」の意味です。

コミスジ
日本中に普通にいます。
フジ、ニセアカシア、クズ、ネムノキなどの多くのマメ科やニレ科のケヤキ、エノキなど他にも多くの植物を食べます。郊外の自然の残るところはもちろん、都会でも見られることがあります。
写真上は♂の表、下は♂の裏です。
名前は「小さい三筋模様の蝶」の意味です。

ホシミスジ
本州、四国、九州に生息していますが、産地は局部的です。食樹が同じものが多いことから中部地方などではフタスジチョウと一緒にいることが多いようです。
写真上は♂の表、下は♂の裏です。
名前のホシは裏面の黒い点々模様から来ています。

ミスジチョウ
北海道から九州まで生息しますが、暖地では山地に生息します。
カエデ科のカエデやモミジの仲間を食べます。
写真上は♀の表で、下は♂の裏です。
名前は「三筋模様の蝶」の意味です。

オオミスジ
北海道の一部と本州の中部地方以北に生息します。
バラ科のウメやスモモなどを食べます。
産地では、よくウメの木の上をクルクルと回っています。
写真上は♂の表、下は♂の裏です。
名前は「大きな三筋模様の蝶」の意味です。

アカマダラ
北海道のみに産します。
イラクサ科のエゾイラクサなどを食べます。
季節変異が激しく、写真上は夏型の表、下は春型の表です。
名前は「赤い斑模様の蝶」の意味で、春型の模様から付けられたものです。

サカハチチョウ
北海道から九州まで生息します。イラクサ科のアカソ、コアカソ、イラクサ、ミヤマイラクサなどの植物を食べます。
アカマダラと同様に、季節変異が激しく、リンク先写真の上は夏型の表、中央は春型の裏、下は春型の表です。
私事ですが、私が蝶の本格的な採集を始めたきっかけはこの蝶の春型の裏面を見た時に、この複雑な模様の不思議さに魅せられて蝶を採集してみたと思い立ちました。
名前は「逆八蝶」で、漢字の八の字が逆さになっているという意味です。夏型は一番上のイチモンジチョウと似ていますが、どちらが先に付けられたのか知りませんが、名前の付け方に困ったのでしょうかね?

アカタテハ
全国に分布しますが、以前は都市部でも普通に見られたものが最近は特に都市部では減っています。
イラクサ科のイラクサ、ヤブマオ、ラミー、カラムシなどをたべます。幼虫は葉を縦半分に折って巣を作るので、いればすぐ見つかります。
写真上は表、下は裏です。
名前は「赤立て羽」の意味です。

ヒメアカタテハ
全国に分布します。国外でもほぼ世界中に分布しています。以前は国内ではどこにでもいるものではありませんでしたが、最近は逆に増えている気がします。
キク科のゴボウやヨモギを食べます。時にゴボウ畑に多数発生したりします。ヨモギなどでは幼虫は数枚の葉を綴って巣を作るので、いればすぐ分かります。
写真上は表、下は裏です。
名前は「小さな赤立て羽」の意味です。

キタテハ
北海道南西部から九州まで生息します。
アサ科のアサ、カナムグラなどを食べます。
幼虫は葉を綴って巣を作るのですぐ見つかります。
季節変異があり、夏型では羽根の外側のとがり方が丸っぽく裏面は黄色っぽくなります。秋型では羽根は鋭くとがり、裏面は枯れ葉に擬態して褐色になります。
写真上は秋型の表、下は秋型の裏です。
名前は「黄色い立て羽」の意味です。

シータテハ
北海道から九州まで生息するが、一般に寒冷な土地を好み、北海道は低地にもいるが本州では山地に多い。
アサ科のホップやニレ科のハルニレ、エノキ、イラクサ科のコアカソなどを食べます。
キタテハと同じく季節変異がはっきりしており、夏型に比べて秋型はまるでボロボロに破れたような羽根になります。写真上は秋型の表、下は夏型の表です。
名前の「シー」は後翅裏面の中央にある小さな銀色の紋が"C"の字に見えることから付けられました。

イシガケチョウ
本州以南に生息し、本州は紀伊半島中部から南に生息します。
クワ科イチジク属のイチジク、ガジュマル、イヌビワなどを食べます。
普通、蝶が羽根を開いて止まる時は前翅が後ろに下がって標本のような形にはなりませんが、この蝶は標本と同じように前翅をぐっと前に出して止まります。
名前は"石垣"から来ていますが、なぜかイシガキチョウではなくイシガケチョウです。

アオタテハモドキ
奄美大島あたりから南に生息します。時々台風による偶産や人為的な放蝶で三重県や静岡県などで異常発生したりしています。
キツネノマゴ科のキツネノマゴを食べますが、飼育下ではオオバコで飼育できます。
♂♀の違いと季節変移がはっきりしています。
夏型ではメスは茶色っぽく、オスは鮮やかな青色になりますが、晩秋にはメスも非常に青くなり、またオス、メス共に眼状紋が大きく発達するようになります。
リンク先写真の上段は全てメスで、下段は全てオス、左から晩秋型(12月に飼育)の表、夏型の表、夏型裏面です。
名前は「青いタテハに似たもの」という意味ですが、間違いなくタテハです。

タテハモドキ
九州南部から南に生息しています。
キツネノマゴ科のオギノツメなどを食べますが、アオタテハモドキと同様に飼育下ではオオバコで普通に育ちます。
♂♀の違いはあまりないけど季節変異が見られます。
上の写真は上段が夏型で、左が表、右が裏です。下段は秋型で、同様に左が表、右が裏で完全に枯れ葉模様になっています。リンク先の写真にはさらに中段の1頭がありますが、これは夏型と秋型の中間型で、模様は秋型に似ていますが夏型の眼状紋が薄く残り、中央の白い線も夏型のようにハッキリし、さらに翅形が少し丸っこくなって完全な秋型ほど尖っていません。
名前は「タテハに似たもの」という意味ですが、正真正銘タテハの仲間です。

クジャクチョウ
北海道と本州の中部以北に生息し、滋賀・岐阜県境の伊吹山が南西限と言われています。北海道では平地にもいますが、本州では南西に行くほど高地に限られるようになります。
イラクサ科のホソバイラクサ、エゾイラクサやアサ科のカナムグラ、ホップなどを食べます。
名前は羽根の表の模様から連想される孔雀から来ています。
学名の亜種名にgeisha(芸者)なんて名前が付けられています。
アザミやマツムシソウなどの花によく吸蜜に訪れます。
写真は上が表、下が裏です。

キベリタテハ
北海道から本州中部地方の山地にかけて生息します。
カバノキ科のシラカンバ(白樺)、ダケカンバやヤナギ科のドロノキなどを食べます。
牧場などでよく獣糞に止まって汁を吸っています。また河原の見通しの良い岩の上で日向ぼっこをしながらテリトリーを張っている♂を良く見かけます。夏も後半の8月頃から発生し始め、9月初めに多くなりますが、なぜか夏にはあまり見られません。越冬した成虫を春に良く見かけますが、羽根がすり切れてキベリならぬシロベリになっています。
名前は黄色い縁のタテハの意味です。
写真は表面です。

コヒオドシ
北海道と本州の中部山岳地帯にのみ見られます。
イラクサ科のイラクサやホソバイラクサなどを食べ、幼虫は群生します。
中部山岳国立公園の上高地では、7月中旬に明神小屋付近のイラクサの群生地に、それこそウジャウジャと幼虫・蛹がくっついていて気持ち悪いくらいです。明神小屋の軒先には蛹がズラーッと並びます。
名前は小さな緋縅(ひおどし)から来ています。
写真は上が表、下が裏です。

エルタテハ
北海道から本州中部地方の山地にかけて生息します。
ニレ科のハルニレ、カバノキ科のウダイカンバなどを食べます。獣糞などにも来ますが、コンクリート壁などからしみ出る水をよく吸いに来ます。
私は木曽御岳のキャンプ場のトイレで男子用の小便器の中でおしっこを吸っているのを見つけてつまんできたことがあります。(きったねー!)
名前は後翅裏面の中央の小さな模様が"L"に見えることから付けられました。
裏面は木肌に擬態しています。
学名の亜種名にsamurai(侍)なんて名前がついています。
写真は上が表、下が裏です。

ゴマダラチョウ
北海道の西南部から九州までの本土に生息します。
ニレ科のエノキやエゾエノキなどを食べます。
クヌギの樹液にカブトムシなどと一緒にいるのを良く見かけます。ヤナギの樹液にも来ます。
♂は樹上でテリトリーを張ります。♀は♂より一回り大きく、ちょっと全体的に白っぽくなり、時にかなり白っぽい個体が出ることがあります。
中部地方では年2回(初夏と真夏)発生し、越冬は幼虫で根際に降りて落ち葉の裏側にくっついています。
写真は♂の表です。
名前は「胡麻斑模様の蝶」の意味です。

コムラサキ
北海道から九州まで平地から山地まで生息しますが、産地は局所的です。
ヤナギ科のヤナギ類を食べるため、河川敷や池などのヤナギで見られます。
関東、中部、四国、九州では特に局所的にクロコムラサキと呼ばれる黒化型が発生するところがあります。
黒化型は遺伝型で劣性遺伝だそうですが、地域によって黒化型の発生割合が異なっています。写真上段は♀で、下段は♂、それぞれ左が通常型、右が黒化型です。
名前は「小さい紫の蝶」の意味です。

オオムラサキ
ご存じの方も多いと思いますが、日本の国蝶です。
北海道の一部と本州、四国、九州に生息します。
生態はゴマダラチョウと良く似ています。越冬方法もゴマダラチョウと同様です。
クヌギなどの樹液に集まります。長時間樹液を吸っていると、発酵した樹液で酔っぱらった状態になり、手で触っても飛ばないくらいになります。
胴が太く、力強く、真剣に飛ぶ時はすごいスピードです。以前見たのですが、飛んでいる所をツバメに襲われて、一旦落ちかけたのですが、次に逆襲に転じて自分を襲ったツバメを追いかけ回していました。虫を食べる鳥を追いかけ回す蝶なんてこいつくらいでしょう。
普通、表面の斑紋は羽根の付け根側半分は白で、外側半分は薄い黄色で、後翅最後端のみ赤になりますが、これらの斑紋が全て白色になるものがあり、スギタニ型と呼ばれています。
リンク先写真の上は通常型の♀表、中段はスギタニ型の♀表、下段は通常型の♂表です。
名前は「大きな紫の蝶」の意味です。

ルリタテハ
北海道から琉球まで生息します。
ユリ科のサルトリイバラやホトトギスなどを食べます。
普通種ですが飛ぶのが速いため、見つけるとついつかまえてみようと試みますが、けっこう逃げられたりします。
季節変異があり、夏型は表面の青い帯模様の青みが鮮やかで幅が狭くなります。秋型は帯の色が白っぽくなり幅が広くなります。
また夏型では裏面の色が茶色っぽく、秋型では黒っぽくなります。
リンク先写真の上段は夏型表、中段は秋型表、下段は夏型裏面です。
名前は「瑠璃色のタテハ」の意味です。

スミナガシ
本州から琉球まで生息します。アワブキ科のアワブキ、ヤマビワなどを食べます。
樹液などを訪れますが、産地でも個体数は少なく、狙って成虫を採るのは簡単ではありません。逆に産地が分かっているなら、アワブキなどのエサを見つけておいて、幼虫の時期に探すと案外簡単に見つかります。幼虫は特異な形をしており、食樹に擬態しているのですが、馴れると簡単に見つかるようになります。
名前は「墨流し」の遊び(水面に墨を垂らしてその複雑な模様を紙に写し取る遊び)から来ています。
地域変異があり亜種がありますが、雌雄の差や季節の差はありません。
写真は上が表面、下が裏面です。

リュウキュウムラサキ
以前は土着種ではなく迷蝶だけでしたが、いまは石垣島辺りには生息していると思われます。
ヒルガオ科のサツマイモを食べます。アサガオでも飼育出来るそうです。
私が飼育した時は、サツマイモの葉をメチャクチャたくさん食べました。我が家の近所には打ち捨てられて野生化したサツマイモ畑があったので助かりました。
地理的変異と個体変異が大きく、リンク先の写真の上段は2頭とも石垣島産の♀、中段は友人にもらったオーストラリア・ケアンズ産の♀、下段は石垣島産の♂です。
♂は特に白斑の周りが見る方向によって青紫色に輝き、とても美しい蝶です。
石垣島産の♀はマダラチョウ科のシロオビマダラなどに擬態していますが、シロオビマダラを持っていないのでお見せ出来ません。
名前は「琉球の紫の蝶」の意味です。

メスアカムラサキ
琉球諸島、奄美群島などでは土着していると思われますが、九州本土では迷蝶としてときどき発生していると思われます。
スベリヒユ科のスベリヒユを食べます。スベリヒユは茎は太くても葉が小さいので飼育時にはエサを確保するのが大変です。写真の標本は石垣島産の♀から産卵させた卵を譲り受けて飼育した飼育したものです。
♂と♀では別種かと思うほど色彩が異なり、♀はカバマダラに擬態していることで有名です。
写真は上段が♀、下段が♂で、それぞれ左が表、右が裏です。この写真では分かりにくいですが、♂の白紋の周りはリュウキュウムラサキと同様に紫に輝きます。
名前は「メスが赤い紫の蝶」の意味です。

ウスイロヒョウモンモドキ
海外ではヨーロッパから朝鮮半島まで広く分布しますが、日本では本州の中国地方にのみ生息します。一度は絶滅しかかった蝶ですが、各地で生息地の植生の復活など保護活動が行なわれ、最近は徐々に数が増え始めています。
オミナエシ科のオミナエシを食べます。
私はまだ生きたものを見たことが無く、写真の標本も友人からもらったものです。
名前は「薄い色のヒョウモンに似たもの」の意味です。
ここから下にずらっと並ぶヒョウモン(豹紋)の仲間は、その名の通り、豹のような紋を持った蝶です。

コヒョウモンモドキ
本州の中部地方にのみ生息します。
ゴマノハグサ科のクガイソウに産卵されてその葉を食べますが、なぜか越冬後の幼虫は他にも同科のオオイヌノフグリや、オオバコ科のオオバコなども食べるようになります。
以前は産地では珍しいものではありませんでしたが、最近はクガイソウが生える草原が開発などで無くなってきており、激減しています。
飛び方はゆるやかで、採集は簡単です。
名前は「小さなヒョウモンに似たもの」の意味です。

ヒョウモンモドキ
本州の東北南部から中国地方までが産地とされていますが、近年はほとんどの地域で絶滅してきています。
愛知県の産地は絶滅しました。長野県、山梨県は以前は高原性草原や湿性草原などでまれなものではありませんでしたが、最近は採集記録がありません。広島県など中国地方の休耕田などでも以前は多く見られましたが、最近は激減しており、地元で保護活動が盛んに行なわれています。
写真の標本は1988年に広島で採集したものです。
キク科のサワアザミ、タムラソウ、ノアザミなどを食べます。
これらの植物が草原、湿地などにあるため、生息環境ごと無くなっているのが現状です。
色の濃さに個体変異が見られます。
リンク先写真は上段は♀、中段と下段は♂で、♀の左は通常のもの、右は黒化型、中段♂の左は一部の黒紋が消失したもの、右が通常のもの、下段はオスの裏面です。
名前は「ヒョウモンに似たもの」の意味です。

ホソバヒョウモン
北海道のみに生息します。
スミレ科のミヤマスミレを食べます。
生息域は、右のカラフトヒョウモンと高度差で住み分けているところが多いようで、こちらがより高度の高いところに住んでいます。
写真の標本は友人からもらったもので、私は生きたものを見たことがありません。
写真は♂の表です。
名前は「細い羽根のヒョウモン」の意味です。

カラフトヒョウモン
北海道のみに生息します。
スミレ科のミヤマスミレを食べます。
ホソバヒョウモン同様友人からもらったもので、これも生きたものを見たことはありません。
写真は♂の表です。
名前は「樺太のヒョウモン」の意味です。

コヒョウモン
北海道全域と本州の関東から中部の山地帯に生息します。
バラ科のオニシモツケを食べます。
中部地方では以前はそれほど珍しい種類ではありませんでしたが、最近は減ってきているようです。
隣のヒョモンチョウに大きさも模様も似ていますが、羽根の外側が丸っぽくふくらんでいることで区別出来ます。
写真は上が♀の表、下が♂の表です。
名前は「小さなヒョウモン」の意味です。

ヒョウモンチョウ
北海道南部と本州の東北から中部の山地帯に生息します。
バラ科のワレモコウを食べます。
コヒョウモンモドキやコヒョウモン同様に減ってきています。山地帯のこれらの種類が生息する草原が減っているのが原因だと思われます。
リンク先の写真は上段が♀の表、中段が♂の表、下段が♂の裏です。
名前は「豹のような紋を持った蝶」の意味です。

ウラギンスジヒョウモン
北海道から九州(本土)まで生息します。
スミレ科の多くのスミレ類を食べます。
スミレのある平地から山地まで見られますが、暖地では初夏に発生し真夏には越夏のため夏眠して秋から再度活動を始めます。
写真は上が♂の表、下が♂の裏です。
名前は「裏に銀色のスジ模様のあるヒョウモン」の意味です。

オオウラギンスジヒョウモン
北海道から九州まで生息します。
スミレ科の多くのスミレ類を食べます。
暖地では寒冷な山地に生息し、他の大型のヒョウモン類の様に夏眠はしません。
ウラギンスジヒョウモンに似ていますが、それよりやや大きく、前翅の外側の先端部が外に張り出すため、外側の中央部が凹んで見えます。
リンク先の写真は上段が♀の表、中段が♂の表、下段が♀の裏です。
名前は「大きな裏に銀色のスジ模様のあるヒョウモン」の意味です。
オオウラギンスジヒョウモンの♂、メスグロヒョウモンの♂、ミドリヒョウモンの♂の表面はそれぞれ非常に似ていますが、裏面が全く異なりますので、同定は簡単です。

メスグロヒョウモン
北海道から九州まで生息します。
スミレ科の多くのスミレ類を食べます。
この種も暖地では夏眠します。
♂♀で全く異なる色彩を持ちますが、良く見ると♂の地色の茶色の部分を藍色、黒、白などに代えていくと♀の模様になるのが分かります。
以前岐阜県で6月にこの蝶が交尾をしたまま飛んでいるのに出会いましたが、異様な光景ですね。真っ黒な蝶がオレンジ色の蝶をぶら下げてフラフラと飛ぶ様を想像して下さい。その日は交尾中のカップルを4回採集しました。効率のいいこと。
以前、この蝶の雌雄型(左半分♂で右半分♀の体を持つ)が滋賀県の愛知川(えちがわ)河畔で採集されていますが、その日に私もそこに行っていてそれを見せてもらいびっくりしたことがあります。
写真と名前について説明は不要ですね。

クモガタヒョウモン
北海道から九州まで生息します。
スミレ科の多くのスミレ類を食べます。
この種も暖地では夏眠します。
どこの産地でも個体数は少なく、ここに行けば確実に採集出来るというところは少ないようです。
写真は上が♀の表。下が♂の裏です。
名前は後翅裏面の模様が不鮮明であるためそれを「雲型」と表しています。

ミドリヒョウモン
北海道から九州まで生息します。
スミレ科の多くのスミレ類を食べます。が、幼虫は他の植物に移動して休憩する修正がありますので、野外で幼虫を見つけた時は止まっていた植物をエサとして持ってきても飼育出来ないことがありますので気をつけましょう。周りには必ずスミレの仲間があるはずです。
この種も暖地では夏眠します。
この種は最も普通種のたぐいで、6月頃や秋には草原や河原で良く見られます。他のヒョウモン類もそうですが、アザミの花によく吸蜜に訪れます。
リンク先写真の上段は♀の表、中段は♂の表、下段は♀の裏です。
名前は後翅裏面が美しい緑色であることから付いています。

ウラギンヒョウモン
北海道から九州まで生息します。
スミレ科の多くのスミレ類を食べます。
この種も暖地では夏眠します。
この種も以前は最も普通種のたぐいで、6月頃や秋には草原や河原・畑の周囲などのアザミで良く見られましたが、最近は激減し、エサのスミレもあり、草原が残っていてもなかなか見られなくなりました。実際にはウラギンヒョウモンと言われるものも分類学的に2種類のものがいることが判っていますが、ここではまだ一種類としてあつかいます。
写真上は♂の表、下は♂の裏です。
名前は「裏に銀色の紋を持つヒョウモン」の意味です。
ウラギンヒョウモン、オオウラギンヒョウモン、ギンボシヒョウモンは互いに似通っていますが、判別点があります

オオウラギンヒョウモン
本州、四国、九州に生息しますが、各地で激減しています。今は、西南日本にいくつかの生息地が残っているようです。奈良県大仏殿の横にある若草山などは有名な産地でしたが、今は絶滅しているようです。山口県秋吉台では保護されています。
スミレ科のいくつかのスミレ類を食べます。
この種は私は採取したことがありません。標本はいずれも友人からもらったものか、頂いた卵から飼育したものです。
リンク先の写真は上段が♀の表、中段が♂の表、下段が♀の裏です。
名前は「大きなウラギンヒョウモン」の意味です。
ウラギンヒョウモン、オオウラギンヒョウモン、ギンボシヒョウモンは互いに似通っていますが、判別点があります

ギンボシヒョウモン
北海道と本州の中部地方以北に生息します。
スミレ科のスミレ類とタデ科のクリンユキフデを食べます。
本州では山地性になり、高原のアザミなどをよく訪れます。
中部地方では標高1000mくらいから上は本種が多く、それより下ではウラギンヒョウモンが多くなるようです。
写真は上が♀の表、下が♀の裏です。
名前は裏面にある銀色の紋を星に例えて付けられています。
ウラギンヒョウモン、オオウラギンヒョウモン、ギンボシヒョウモンは互いに似通っていますが、判別点があります

ツマグロヒョウモン
本州から南西に生息しますが、20年くらい前までは近畿地方から中国地方を結ぶ線より南西側にしかいませんでした。しかしその後地球温暖化の影響か、生息域をどんどん北上させており、1990年代中頃から名古屋市で採れ始め、2年後には木曽御嶽山の標高1500m付近でも採集しましたし、同じ年に北陸の福井でも多く目撃されています。
近年の情報を総合してみますと、2004年現在、東京・神奈川・埼玉・山梨・石川・富山・山岳地帯を除く岐阜・長野あたりまでは確実に生息しているようです。東北地方に突入するのもそんなに遠くない未来でしょう。
スミレ科の多くのスミレ類を食べます。
1990年代中頃から採れ始めた名古屋では、今最も普通に見られる蝶が本種になっています。他のヒョウモン類は年1化の発生ですが、本種は年に4〜5化の発生を繰り返すようです。
リンク先写真は上段が♀、下段が♂で、それぞれ左が表、右が裏です。
名前はメスの羽根の先が黒いことから付けられています。
♀は、マダラチョウ科のカバマダラに擬態していることで有名です。

ヒオドシチョウ
北海道から九州まで生息します。ニレ科のエノキを主に食べますが、ヤナギ科のシダレヤナギなどでも発生します。
見た目はエルタテハやコヒオドシに似ていますが、最も近い仲間はキベリタテハです。
以前は私が住んでいた名古屋市内などでもごく普通に見られ、神社に植えられているエノキや、池の周囲のヤナギなどでよく幼虫採集ができました。
1本の木にまとめて大発生するため、終令の最後の頃に、木を蹴飛ばして幼虫を落とし大量捕獲し、すぐ蛹になるので羽化を楽しんでから全て外に放すということをよくやりました。
羽化の際に余った赤い体液を落とすため、室内で羽化させた時に、レースのカーテンが真っ赤になって母に叱られたものです。
最近は、市内はもちろん、郊外でも滅多に見かけなくなりました。
名前は「緋縅蝶」ですが、これでは分かりませんよね。「緋縅」というのは昔の鎧(よろい)をつづり合わせる糸や皮紐のことを言うらしく、その赤いものの事です。鎧の模様に似ているってことですかね?
写真は上が表面、下が裏面です。見た目の♂♀の差はありません。


アカボシゴマダラ
国外では朝鮮半島、中国、台湾などに生息していますが、日本では奄美諸島にのみ生息しています。ですが、最近大陸産のものを放蝶したと思われるものが神奈川県内で多数確認されています。
ホソオチョウ、オオモンシロチョウなどもそうですが、面白半分か何か分かりませんが、後のことを考えない違法な放蝶が後を絶ちません。
奄美ではニレ科のリュウキュウエノキを食べます。
写真上のものは、昔台湾で採集した♂で、写真下のものが神奈川県の大陸型の春型です。純日本産のものは持っておりません。
名前は「赤い星模様のあるゴマダラチョウ」の意味です。

フタオチョウ
日本では沖縄本島にのみ生息します。
クロウメモドキ科のヤエヤマネコノチチを食べます。
名前は「二つの尾を持つ蝶」の意味で、この仲間は東南アジア、オセアニアなどを中心に多く生息していますが、日本ではこの1種類のみです。
上の写真のものは、昔台湾の南山渓で採集したものです。日本産のものは持っていません。

コノハチョウ
日本では沖縄本島、石垣島、西表島に生息しています。
キツネノマゴ科のオキナワスズムシソウ、セイタカスズムシソウを食べます。
擬態と言うと必ずと言っていいほどこの蝶が代表として出てきます。それほど見事な擬態だということは裏面を見ていただければ分かるでしょう。
葉っぱの形と葉脈はもちろん、前翅中央には虫食い穴まであります。
上の写真のものはやはり昔台湾の南山渓で採集したもので、この時も一旦木の枝に止まるとどこにいるか分からなくなり、採集に苦労しました。日本産は持っていません。
上が表面、下が裏面です。
名前の意味は言うまでもありませんね。

テングチョウ
北海道から琉球まで生息しますが、北海道と沖縄以南では少ないようです。
ニレ科のエノキの仲間を食べます。
写真上は♂の表面、下は♀の裏面です。
♂♀の違いは、前翅の中央に大きな五角形っぽい橙色紋がありますが、♀ではその下にさらに小さな紋が出ますが、♂にはその紋がありません。
名前は「天狗蝶」ですが、頭部に突き出ている器官があり、これを天狗の鼻に例えたものです。この器官はパルピと言って、管のような口を左右から挟んでいる器官です。